一日一曲のストーンズは医者知らず。そしてちょっぴり他にもね。
by shes-a-rainbow
カテゴリ
全体
海外のツアーに行こう
ただいまツアー中
来日が気になる
来日中のあれやこれ
ツアーが気になる
かっこいい
本日のはまり曲
ベログッズ
好きな音
ミックが大好き
清志郎も大切。
日々の泡立ち
waiting on a friend
わたし
わたしの海外ツアー
以前の記事
聖地巡礼の旅〜Dartford (2)〜
聖地巡礼の旅〜Dartford (1)〜のつづき。

Dartfordの町中にあるチャイニーズで腹ごしらえをした私たち、
さぁ、お腹もいっぱいになったし、歩こう歩こう。
c0062391_21381786.jpg
ゆるい坂を上ったり、下ったり。
大きな洋梨の木から実が落ちた、そんな道。
Dartfordはすっかり秋めいてる。




見えてきた、見えてきた。
きっと、それに違いない。
ミックが通っていたグラマースクール。
c0062391_21424332.jpg
夏休みの静かな光景。
c0062391_21431221.jpg
とても重厚で趣きのある建物からも、
おぼっちゃんだったミックの姿が少し垣間みれた気がした。

さぁ、次はミックとキースが通っていた小学校へ行こう。
素敵なお家が並ぶ、住宅街を抜けて

見えてきたのは、かなり広そうな学校。
c0062391_21482616.jpg
門が小さく、生け垣が高いため中の建物の写真はいまひとつ。
看板で勘弁を。
今度行くときは子供たちの声がする頃に行きたいな〜。

二人の学校を後に、歩いて通ったのかなぁなんて考えながら
ミックの生家へ。
みんなで番地をひとつひとつ数えながら、
少しづつ近づいてくるドキドキ感を楽しんだ。
写真では何度も見ていた、このお家。
目の前にすると、何だか不思議な感覚になる。
c0062391_21533883.jpg
はじめまして。でしたっけ? ^^
きっと窓のステンドグラスなんかは昔のまんまなんだろうなぁ。
今では一般の方が住んでいるようです。
c0062391_21584560.jpg
きっと、このお家の門の前で何度となく
写真を撮ってもらったにちがいない。
ちなみにキースのお家はこの道をまっすぐ行って左にまがって、
右に見える郵便局の角を右に折れる。
だったよね。→(一緒に行ったみんなたち)

ミックの生家からキースの生家はほんの数ブロックで、
今ではお花屋さんになっている。
残念ながら土曜日で休日だったけど。
とても可愛いお店でした。
c0062391_2293193.gif
ミックとキースは本当に幼なじみだったんだね。
ふたりが今こうして世界中の人を楽しませているなんて、
同じときを過ごした、他の幼なじみはどう思ってるのかな?

ココに行くまでは、Dartfordも、Liverpoolのように
stonesのお店があってもいいんじゃないの!?なんて思ってたけど、
行ってきた今思うのは、やっぱり必要じゃないかも。言う事。
stonesは過去でもなんでもなくて、現在進行形だもんね。
それよりも、ロンドン市内でもっとベロマークを見かけたいもんです。。しみじみ。

Dartfordの旅はここまで。

聖地巡礼はまだまだつっづっくよぉ〜。
[PR]
by shes-a-rainbow | 2006-08-28 22:03 | 海外のツアーに行こう
<< 2000回目のショウだった!? 聖地巡礼の旅〜Dartford... >>